毛深い以上のコンプレックス

子供の頃から毛深い性質だったのですが、それを友人にからかわれて以来、毛抜きをつかって片っ端から抜いていくようになりました。すると段々埋没毛が増えていき、そのぼつぼつが更に気になるようになって、毛抜きで強引に引き抜いていました。

おぞましい現象

 

もう半分癖のようになってしまい、毎日毎日毛が生えてきたら抜くを繰り返していました。
ふと気付いたときにはもう、黒ずんだぶつぶつだらけの肌になっていたのです。

 

そうなってからはもう、何をしても後のまつりでした。
美白クリームを塗ってみたり、美容液を塗りこんでみたり。化膿止めを試したりもしましたが、色素沈着はどうやっても薄くなりません。

 

ようやく毛抜きを使うのをやめ、刺激の弱い脱毛クリームの使用に移行しましたが、毛はきれいになくなりぶつぶつは消えても、それ以上の効果は見られないのが残念でした。

 

過去のトラウマ

 

エステの脱毛を受けると黒ずみが消えるといううわさがありますが、これ以上見た目が悪くなるのがいやで決断に踏み切れません。
今はただ、毛抜きで無理やり脱毛していたことを悔やむばかりです。

 

更なる悪化を防ぐためにも、もう毛抜きは使わないようにしています。毛深いということよりも、今では黒ずみのほうが私のコンプレックスになりつつありますね。

 

医療機関での脱毛処理について

自分で脱毛処理をしない場合は、エステサロンや医療機関で処理してもらうことができます。
エステサロンは光脱毛という方法を採用しているところが多く、施術はエステティシャンやスタッフが行うことになります。

 

それに対して、美容皮膚科などの医療機関の場合は、医療用のレーザー脱毛や光脱毛、針脱毛を行っていて、施術をするのは医師や看護婦などの医療従事者が行います。
そのため、エステサロンの脱毛器に比べて医療機関の脱毛器の方が高い脱毛効果を得ることが可能です。

 

エステサロンの場合は同じ個所に何度も施術を受ける必要があって、きれいにムダ毛がなくなっても、時間が経てばまたムダ毛が生えてきてしまいます。
しかし、医療機関で脱毛をすると、脱毛回数が少ない上に、ほぼ永久脱毛といってもいいくらいの効果を得ることができます。

 

ただし、料金はエステサロンに比べて高めになります。
脱毛処理は病気治療ではありませんから、医療機関でムダ毛処理をしてもらっても、当然保険が適用になることはありません。

 

医療機関でムダ毛処理をしてもらうメリットのひとつは、医師や看護師といった医療従事者がいるので、肌にトラブルが起きた時に、すぐに適切な処理をしてもらえるというところではないでしょうか。
特に肌が弱くて、すぐにトラブルを起こしやすいという人の場合は医療機関での脱毛がおすすめです。

 

ただ、医療機関での脱毛は料金が高く、痛みも強いといった意見をよく見聞きすることがありますが、これは間違った認識と言えます。
料金については、1回の施術料金だけを見るとエステサロンよりかなり高い感じがします。

 

しかし、医療機関の場合は医師や看護師といった専門家が施術をしてくれるので、肌の状態やムダ毛の質や量といったところをしっかり診てくれて、それに合った処理をしてくれます。
毎回、肌の状態を診てくれるので敏感肌の人でも安心です。

 

また、痛みに弱い人の場合には局所麻酔や表面麻酔といった処置もしてくれますので、安心して脱毛をすることができます。
また、脱毛効果が高いため、1回だけの処置でもかなり効果を実感することができます。

 

個人差はありますが3〜4回施術を受けたら脱毛が完了したという人も多いので、結果的にはエステサロンよりも安くなったという場合もよくあります。
安全性やトータルでの料金などをよく理解したうえで、医療機関とエステサロンのどちらで脱毛した方がいいのかを決めるようにしたほうがいいでしょう。

毛深い以上のコンプレックス関連ページ

男と女のムダ毛処理
私は男性です。今までにいくつかの除毛、脱毛方法を試していましたが、やはり自分の毛は人一倍濃く、太いので、かなり悩んでいた次期がありました。
数日で再生するムダ毛
処理しても処理しても数日経つと生えてくるムダ毛。日帰り旅行ならまだ良いけど、数日お泊りとなるとウキウキした気持ちと同時にムダ毛の心配が出てきます。
カミソリによる脱毛処理について
自分でムダ毛を処理する方法のひとつに、カミソリで剃るという方法があります。 カミソリで毛を剃ると毛が濃くなるという話を聞いたことがありませんか?
ワックスやテープ
ワックスやテープによる脱毛は、どちらもムダ毛のある場所に塗ったり貼ったりした後、一気にはがして脱毛をする方法です。
毛抜きのせいでシミ?ソバカス?
今も毛抜きを使ってムダ毛の処理をしています。かれこれ30年くらい使い続けています。